美容室ドレス

「あなたに知ってほしいこと」 理美容サロンが伝える化学物質の真実

理容室や美容院で、カラーやパーマをした時に頭皮に薬がしみたり、
ツーンとする嫌なニオイを経験したことはありますか?
シャンプーをする若いスタッフさんの手荒れを見かけたことは?
以前は私たちも、薬がしみるのは当たり前のことと思い、たくさんのスタッフが手荒れや
体調不良でお店をやめていくのを見ても今の若い子は我慢が足りないのだと思っていました。
せっかくの理美容師になる夢をあきらめてしまうなんて・・・

ところが、環境や健康問題の専門家による講習会に参加するようになって、
私たちが毎日使用しているパーマ剤やカラー剤、シャンプーなどに含まれる「化学物質」が、
手荒れやお客様の頭皮のトラブル(湿疹・かぶれなど)を起こす原因だと知ったのです。
そして排水として川や海に流れ、環境も汚染していることを知ったのです。

こうした事実を一人でも多くの人に知ってほしい・・・

え?皮膚からも入るの?

「化学物質」というと何だか特別なものに思えますが、
いまの私たちの生活は化学物質であふれかえっています。
医薬品や化粧品はもちろんのこと、入っていないものを探すのが難しいくらいですね。
いろんな日用品の裏のラベルに書いてあるよくわからない”カタカナの成分”に「?」と思ったことがありませんか?
そして、それが「皮膚からも吸収される」ということを知っていましたか?

気にしていない、気づいていない、だからこそ危険!

①経口吸収 (食べ物などと一緒に口から入ること)
②吸入 (呼吸と一緒に吸い込むこと)
③経皮吸収 (皮膚から吸収すること)

口から入るもの(食品添加物や野菜の農薬など)や
吸い込むもの(排気ガスやタバコの煙、アスベストなど)には気をつけていても、
まさか皮膚から有害なものが入ってくるとは思わず、
無防備になっている人が多いのではないでしょうか。
でも、毎日使うシャンプーや化粧品、洗剤や歯磨き粉などにも
たくさんの化学物質が含まれていることを考えると、
経皮吸収が、実は一番身近で、深刻なのかもしれません。

口からよりも皮膚から入る方がこわい?

口から入った化学物質は、肝臓の働きで、90%以上解毒分解されます。
それに対して皮膚から入った場合の排出量は、10日かかってもわずか10%にもなりません。
代謝が遅く、皮下の脂肪組織に蓄積された後、やがてリンパ液や血液に乗って、全身に運ばれます。

どうやって皮膚から入るの?

皮膚には異物の侵入を防ぐバリアー機能があり、化学物質も簡単には入りません。
しかし、日用品に多く含まれている「合成界面活性剤」や「溶解剤」が皮膚バリアーを破壊し、
有害なものまで体の中に入る手助けをしてしまうのです。
これらは、本来ケガや病気の時に薬を浸透させるために作られたもので、薬用では一時的に適量を処方しています。
でも、日用品として毎日使っていたら・・・

蓄積して悪影響を!?

日常生活でどんどん体内にたまる化学物質。
一定量をこえた時、突然、アレルギーや花粉症などのさまざまな症状や病気を引き起こすケースがあります。
”沈黙の期間”が長いので、原因となるものをずっと使い続けてしまううえ、
何種類もの化学物質の害を複合的に受けることも少なくありません。
さらに影響の出方は人それぞれ。皮膚から入った原因物質を特定するのはとてもむずかしいことなのです。

日用品には化学物質がいっぱい?

日ごろ何気なく使っている日用品。
あなたはどんなふうに選んでいますか?
一度身のまわりにあるものをチェックしてみてください。
どんなものに何が含まれているでしょうか?

シャンプーと子宮の関係?

ほとんどのシャンプー剤には、合成界面活性剤など、台所洗剤よりもたくさんの化学物質が含まれています。
毎日のシャンプーが子宮に蓄積され、子宮内膜症などの一因になっているとも言われています。
また、ストレスが原因と思っていたフケやかゆみ、抜け毛も、もしかするとシャンプーが原因かも・・・?

入浴剤でほんとに温泉気分?

主成分は炭酸水素ナトリウム(重曹)ですが、着色料や保湿剤、香料など、たくさんの化学物質が含まれています。
なかには、染色体異常を引き起こすため、食品添加物としての使用を禁止されているサリチル酸が使われているものも。
化学物質の湯船で、くつろげますか?

リンスは髪をダメにするの?

リンスのいい香りや、キレイな色はほとんどが化学物質で作られたもの。
香りを残そうとしてよくすすがないと、逆に髪が細くなったり薄くなってしまうことも。
使用感を高めるために配合される陽イオン系の界面活性剤は、シャンプーの界面活性剤よりも強力です。

キレイに洗うための洗剤は・・・

台所洗剤でイトミミズが溶けてしまうことはご存じですか?
同じように、私たちの皮膚も破壊され、使えば使うほど化学物質が入り込みやすい状態に。
また、洗濯用洗剤に含まれる蛍光漂白剤は有害なうえに、物に移る性質があります。
衣類にすすぎ残った化学物質が触れただけでも、デリケートな肌は影響を受ける可能性があるのです。

ボディソープ・石けんが乾燥肌の原因?

濃度の高い合成界面活性剤が使われ、皮膚を守ってくれる皮脂まで洗い流してしまうので、乾燥肌や老化肌の原因にもなります。
保湿剤や防腐剤、香料の強い刺激で、皮膚が炎症を起こすことも。
また、ほとんどの石けんはボディソープと同様の成分でできています。

化粧品で美しくなる?

美白やハリ、潤いなどの効果を売りにする化粧品。
効果のある良い成分だけが吸収されると思っていませんか?
驚くほどたくさんの化学物質が、皮膚に付着し一日中吸収され続け、美しくなるためのものが、肌荒れの原因にも・・・また口紅に使用されるタール系色素は、接触性皮膚炎や皮膚がんを引き起こす危険性があると発表されています。

理美容サロンで頭皮から吸収?

キレイになるために行く理美容サロン。
頭の上で有害物質の化学反応がおきるため、実は危険がいっぱいです。
頭皮から吸収した化学物質は、全身を5~8分でめぐるといわれます。

除草剤よりも毒性が強いパーマ液

パーマ液の毒性はなんと除草剤の35倍。
特に第2剤は中枢神経系や腎臓に対して刺激性が強く、麻痺やけいれん、腎機能障害を引き起こすおそれがあります。

ヘアカラーは有害物質のカクテル!?

パラフェニレンジアミン(PPDA)という、強いアレルギー反応を引き起こす可能性を持つ物質が入っており、ひどいショック死することも。
発ガン性物質や環境ホルモンとしても知られ、20年以上毛染めを続けている人はリンパ腫の発症率が高いともいわれています。
狭い部屋や浴室でのホームカラーは空中に舞った粒子を吸い込んでしまうこともあり、ますます危険です。

ヘアマニキュアにはタール色素

安全と思われがちですが、発ガン性物質のタール系色素が含まれ、体内に入るとアレルギーを起こす場合があります。
染色剤を浸透させるために合成界面活性剤も使われています。

ヘナにもPPDAが!?

インド原産の植物染料ですが、PPDAがすでに産地で混入されている場合もあります。

こんな病気も化学物質の影響?

化学物質の中でも、有害とされているのが現在1500種類以上。 さらに増える一方です。
短い間での急激な増加に、私たちの身体は対応できずに戸惑っているのではないでしょうか?
近年問題になっている原因不明の様々な病気が、実が化学物質の影響ではないかと疑われています。

皮膚トラブル

主婦湿疹、頭皮のかゆみやフケ、抜け毛など、皮下脂肪に蓄積した化学物質が原因の場合があります。

アレルギー

今や20代前半の9割がアレルギー予備軍。有害物質じゃ「経皮吸収」されアレルギー症状を促進するといわれています。
アトピー性皮膚炎や花粉症、喘息や食物アレルギーも化学物質の影響かも?

婦人病

不妊症や早期閉経、子宮内膜症・子宮筋腫などの子宮の病気の一因になるといわれます。
特にシャンプーやリンスに含まれる化学物質が体内で環境ホルモンとして残留し、子宮筋腫や内膜症の増加、若年齢化に影響を及ぼしているようです。

がん

日用品に「含まれる化学物質は脂溶性のものが多く、皮膚細胞や乳房、子宮などの脂肪に蓄積され、発ガンの原因につながります。

脳の病気

脳の60%は脂肪でできており、アルツハイマー病をはじめ若年性認知症、パーキンソン病、うつ病などとの関連が疑われいます。
また、母体を通して胎児や乳幼児の脳に影響する危険性も高く、自閉症、学習障害、多動症、適応障害などの原因となっている可能性も指摘されています。

私たちが使った化学物質のゆくえは?

私たちは、すべてのものとかかわり合いながら生きています。
家で使った合成洗剤は、生活雑廃水として川に流れ、ゴミとして焼却した石油化学物質は大気中に散乱。
海を、土を、空気を汚し、生き物達を汚し・・・
それらをめぐりめぐって、私たちの身に還ってきています。

地球の未来は!?

地球が泣いています。傷ついています。
私たち人間の身勝手な行為に、悲鳴をあげています。
地球の、そして子どもたちの未来はどうなるのでしょう・・・

オゾン層破壊

強烈な太陽光や放射線などから地球上の生物を守ってくれている
オゾン層はいわば「地球を守る皮膚」。
しかし、フロンガスにより破壊が進んでいるため、ほとんどの先進国では現在、直射日光を浴びても安全なのは1日10~20分までと警告しています。

地球温暖化

化学燃料の大量消費でCO2排出量が増加し、その影響で地球の平均気温が上昇。
異常気象やハリケーンや台風の頻発、氷河が溶けたことで洪水や陸地の水没などが起こっています。 このままでは100年後には平均気温はさらに1.4~5.8度上昇することに。

大気汚染

工場排気や、自動車の排気ガスなども空気を汚しています。

水質汚染

川や海を汚す原因の70%は「家庭からの生活排水」。
人が生活している所からは、1日も休まず、洗剤などの汚染水が排出されています。
分解の早い石鹸でも、100ppmが完全に分解されるまで8日間、最も難分解性の合成界面活性剤のLASは、1ヶ月たっても50%しか分解されません。
そして完全に分解されないうちに、次々と環境に入っていきます。
日本中の河川、内海、湖沼で洗剤汚染が深刻化しています。

森林破壊

現在1分間にテニスコート20面分の木が切られています。
すでに世界の森林の3/4が破壊されており、CO2排出量の増加の一因にも。

私たちの取り組み

私たちは化学物質を否定しているわけではありません。
仕事の中で使っている薬剤が、環境や健康に及ぼす影響と同時に、今の私たち理美容師にはなくてはならないものだということも知っています。
パーマやヘアカラーで自分らしくオシャレをすることは、自己表現でもあります。
理美容師はお客様をキレイにして喜んでいただくのが仕事。
そのうえで、できるだけ髪を傷めず、体に安全で地球にもやさしいことを目指し、薬品を少しでも減らす努力をしています。

おわりに

これは私たち理美容師からのメッセージです。
「化学物質」のことを知ってもらい、少しでも健康や環境に意識を向けるきっかけになれば幸いです。
もし、化学物質のこと、環境のことをもっと知りたい、と思われたらお近くのビーワンサロンに気軽にたずねてみてください。
「地球環境の浄化」を目的に、私たちはこれからもできる限りの努力をしていきます。

あなたも、できることから始めてみませんか?

inserted by FC2 system